Sponsored Link

レチノール

レチノールを使った化粧品の利点・クリームや美容液の安全性や副作用・効果について

投稿日:




「レチノール」という単語を聞いたことはあるでしょうか。これは成分名であり、美容品などにおいて耳にすることが多い言葉です。

ここでは、そんなレチノールの特徴、効果、副作用。そして、レチノール化粧品などについて解説していきます。

1.レチノールはビタミンAの仲間です

ビタミンAの仲間として「レチノール」という成分があります。エイジングケア商品などにおいては、特に酢酸レチノールやパルミチン酸レチノールなどが重宝されているようです。ただ、厳密に言えばこれらはビタミンAではなく「ビタミンA誘導体」です。

 

とは言え、ビタミンAとほぼ性質は一緒です。ただし、構造的にはちょっとだけ違いますから、期待できる効果もわずかに異なります。

 

2.クリニックでしかレチノイン酸は入手できません

レチノールの他には、レチナールやレチノイン酸もビタミンAの仲間です。

レチノイン酸が入った薬品には、シミやシワへの非常に優れた効果があるのですが、その分肌へのダメージがかなり大きいという弱点があります。

 

実際、日本ではレチノイン酸が入った薬を売ることは承認されていません(米国では、ニキビへの効果やシワへの効果が期待できる薬として売られているようです)。

 

ただ、レチノイン酸に比べて刺激性が低いレチノールを入れた化粧品は、一般販売されています。ですから、まずはレチノール含有の美容液などを試してみてはいかがでしょうか。

 

3.ターンオーバーを安定させる効果がレチノールにはあります

では、レチノールにどのような美容効果があるのかを見ていきましょう。

 

ですがその前に大事な事があります。

それは「肌が老化する原因」を確認しておきましょう。

まず、UVにさらされたり、老化したりすると皮膚のターンオーバーが狂います。

そして、ターンオーバーがおかしくなったままでは肌トラブルなどを改善できなくなりますから、まずはそれを安定させる必要がありますよね。

 

そこで、レチノールを用いると角質の細胞の刷新が促進されて、紫外線などが原因でできてしまったメラニンなどの邪魔な細胞を追い出していくことが可能です。そうなれば、ニキビ跡、くすみ、色素沈着などが確実に改善されていきます。

 

レチノールによってターンオーバーが安定する→メラニンなどが追い出される→肌トラブルが改善していく、という流れですね。

 

 

4.ピーリング効果によって余分な皮脂や角質が除去できる

ピーリング効果(肌の不要物などを剥がす効果のこと)をレチノールは有しています。この効果によって、邪魔な細胞などが除去されていくとされています。

 

さて、角質が蓄積してしまうと皮膚が分厚くなってしまいますし、皮脂によって毛穴が閉塞しやすくなってしまいます。ですが、レチノールには角質を除去する効果がありますから、毛穴が角質や皮脂で閉塞することが少なくなっていく事でしょう。

 

ただし「単に皮脂による閉塞によってニキビが発生している場合」「角質が閉塞していないタイプのニキビ」「思春期の時期のニキビ」に関しては、レチノールの効果は発揮されにくいと言われていますので、気を付けましょう。

 

5.線維芽細胞にアプローチしてコラーゲンの生成をサポートする効果がある

レチノールにはシワを軽減する効果もあります。

 

肌には「線維芽細胞」というものが存在しており、この細胞などによってヒアルロン酸やコラーゲンが作られています。そして、ヒアルロン酸やコラーゲンが満ち足りていれば、いわゆる「肌にハリがある状態」になるのです。

ただ、老化するにつれて線維芽細胞は弱体化していってしまうもの。ヒアルロン酸やコラーゲンの生成量もダウンします。

 

しかし、レチノールには線維芽細胞にアプローチして、コラーゲンの生成を補助する効果があります。ですから、シワを目立たなくする効果や、肌の張りをアップさせる効果が望めるのです。

 

6.レチノール化粧品について気を付けたいことと選択基準

レチノール化粧品には色々な種類がありますが、どのような事を意識してチョイスすべきなのでしょうか。気を付けたいことも交えて解説していきます。

 

6-1.すぐに効果が出るわけではないのでコツコツ使っていきましょう

レチノール化粧品に限った話ではありませんが、すぐに効果が発揮される可能性は多くありません。ですから「数日で効果が出る」などとは思わないようにしましょう。効果は徐々に表れてくるものです。

具体的には、少なくとも30日間は使い続けることのできるレチノール化粧品を選ぶことをおすすめします。「使用方法的に使いやすいもの」「同じ商品であれば、容量が多いもの(買い足しが少ない方が続けやすいですよね)」などを優先して選ぶようにしましょう。

 

また「お試しでトライアルセット」のようなものが用意されているレチノール化粧品もありますので、興味のある化粧品にそれがあるのであれば、まずはお試しセットから買ってみることを推奨します。

 

使ってみて肌トラブルが起きないか、香りや感触が嫌いではないか、継続していける程度の値段であるかどうかなどを、そのトライアルセットを使い切るまでに見極めていきましょう。

 

6-2.レチノールの他にどのような成分が入っているのかにも注目しよう!

「レチノール化粧品ですから、レチノールさえ入っていればいい」という考え方では、損をするかもしれません。レチノールが含まれている事は当然として、それ以外にも様々な美容成分が含有されているものを使うことをおすすめします。

 

皮膚のトラブルの引き金は多種多様ですから、レチノールの効果がきちんと発揮されたとしても、レチノールだけでは改善しきれないケースもあるからです。

おすすめなのは、レチノールの他に保湿効果のある成分が入っているような化粧品です。

 

一例としてはセラミド。この成分の保湿効果は非常に高いです。

皮膚が乾燥してしまうと肌が色々と乱れやすくなりますので、レチノール以外の成分のことも意識して、レチノール系商品を選ぶようにしましょう。

 

6-3.使い過ぎると嘔吐感や頭痛などの副作用のリスクも

レチノールには、副作用などの欠点もあるということを知っておきましょう。

 

そして、レチノールはビタミンAの仲間です。

ビタミンにも脂溶性(脂に溶解しやすい)のものと水溶性(水に溶解しやすい)のものがあります。

まず、水溶性ビタミン。これは普通はおしっこと一緒に排出されますから、それほど過剰摂取を心配する必要はありません。

ですが、ビタミンAは脂溶性ビタミンですから、過剰摂取してしまえば、肝臓内に溜まっていきます。そして、嘔吐感や頭痛などの副作用に見舞われる恐れがあります。

 

6-4.妊娠中に使うと胎児に影響を及ぼす場合があります。

妊娠中にレチノールを使うと、胎児の奇形率がアップするなど、赤ちゃんにまで悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので気を付けましょう。妊婦さんはビタミンAの摂り過ぎに気を付けてください。

 

ただし、これはビタミンAを食品などから経口摂取したケースでのことです。

肌に塗布する美容品などに関しては、摂り込み過ぎてしまうことはほぼないとされています。

でもレチノールを使う上で、これらの注意点や安全性について知っておいて損はありませんね。

 

 

6-5.レチノールの濃度が高過ぎると肌が赤くなるなどの副作用が

 

レチノールの効果をきちんと得たいとなると、どうしてもその濃度を上げたくなるかもしれません。実際、そうする事でレチノールのピーリング効果がアップしますから、ターンオーバーが安定しやすくなります。

 

ただ、濃度が高すぎれば、肌がヒリヒリしたり赤くなったりする恐れがあるので気を付けなければなりません。

ですから、乾燥肌だったり敏感肌だったりする場合は、まずは使っても問題ないかどうかパッチ試験としてお肌に使って確認してみることをおすすめします。

 

6-6.一過性ではあるもののUVへの抵抗力が下がる

また、レチノール化粧品を用いると、一過性ですが皮膚のUVへの抵抗力が下がりますので気を付けましょう。特に、夏などは気を配らなければなりません。ですから、レチノール化粧品を用いるのであれば、UVケアも同時に行うことを推奨します。

 

おすすめなのは、レチノール化粧品をそもそも夜に用いるようにすることです。こうすれば、UVに晒されることはほぼなくなりますよね。当然、基本的な使い方を厳守することも重要ですよ。

 

6-7.かゆみや乾燥肌に見舞われるケースも

レチノール化粧品の影響で、かゆみや乾燥肌に見舞われる場合もあります。これは、アレルギー反応とほぼ同義です(厳密には、このケースではレチノイド反応と言います)。そして、そういった副作用が発生した場合は、レチノール化粧品を使う量を少なくして様子を見ていきましょう。

 

そうしていくうちに皮膚が慣れていき、副作用が収まっていく場合もあります。

およそ1~2週間程度、使用料を少なくしたまま継続して、この先も続けていくかどうかを決めてください。

 

レチノールのタイプ、使う量、濃度、肌質など次第で、かゆみや乾燥肌に見舞われるかどうかは決まります。

そして、副作用の程度が酷いのであれば、医療機関などに出向くようにしましょう。

 

 

レチノールのまとめ

レチノールには肌の老化などが原因の肌トラブル(たるみ、シワなど)を改善する効果があります。ただし効果が高い分、副作用のリスクがそれなりに大きいということも理解しておかなければなりません。

 

ご自身の肌とレチノールの相性が良いかどうか、レチノールによって肌トラブルに見舞われてしまわないかなどを、パッチ試験で確認してから本格的に継続使用するようにすることをおすすめします。

 

実際、レチノールの効果については、評判の良い口コミがたくさんありますが、その一方で刺激性について批判している口コミも少なからずあります。

 

ですから、とにかくレチノールは慎重に使えば問題ありません。

もし、現在お使いのレチノール化粧品があなたのお肌と相性が良いのであれば、これほどしっかりと効果を発揮してくれる成分もなかなかないと思いますよ!

Sponsored Link




Sponsored Link




よんでほしい記事

-レチノール
-

Sponsored Link

Copyright© 人気のスキンケアでお肌の悩みを解決!口コミ・おすすめ・効果について知ろう! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.